越境EC 輸入
/化粧品輸入代行

海外からの配送フロー

事例

事例1 アパレル C社(B2C)

  1. 1

    日本側購入者がECサイトにて商品を購入

  2. 2

    C社ECシステムにて注文データを当社システムへアップロード

  3. 3

    注文データを基に韓国側にて商品の出荷準備をし、当社システムから送り状発行

  4. 4

    お客様指定倉庫へ集荷、若しくは当社指定倉庫へ直接搬入

  5. 5

    当社システムにて輸出通関用書類を作成、出力し、輸出通関を行い、日本へフライト

  6. 6

    日本到着後、輸入通関を行い、佐川急便へ貨物を引渡し、日本全国へ配送

事例2 化粧品 D社(B2B2C)

  1. 1

    日本側購入者がECサイトにて商品を購入 ※事前に化粧品薬機法に準拠していることが前提

  2. 2

    D社ECシステムにて注文データを当社システムへアップロード

  3. 3

    注文データを基に韓国側にて商品の出荷準備をし、当社システムから送り状発行

  4. 4

    お客様指定倉庫へ集荷、若しくは弊社指定倉庫へ直接搬入

  5. 5

    当社システムにて輸出通関用書類を作成、出力し、輸出通関を行い、日本へフライト

  6. 6

    日本到着後、輸入通関を行い、佐川急便へ貨物を引渡し、日本全国へ配送

化粧品輸入代行

海外から化粧品を輸入し、販売する場合は、薬機法に準拠する必要があり、申請届出等の書類・検査・製造・管理などが求められます。
当社の協力会社である化粧品代行輸入業者により、ワンストップで輸入~配送が可能になります。 ※薬機法:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

化粧品

業務の流れ

  1. 1.輸入代行契約の締結
    1.輸入代行契約の締結 輸入代行業者との輸入代行契約(機密・秘密保持契約等を含む)を締結
  2. 2.書類・サンプル準備成分チェック・分析
    2.書類・サンプル準備成分チェック・分析 配合成分表、成分分析用サンプル、MSDS(化学物質安全性データシート)を準備し、輸入代行業者へ提出。試験機関へ成分分析の依頼をし、試験結果に基づき法的に適合する商品か検討
  3. 3.輸入申請届、法定表ラベル準備
    3.輸入申請届、法定表ラベル準備 国内での輸入・販売が可能な商品と判断後、各機関に申請を行い、法廷に基づいたラベルを作成
    • 化粧品外国製造販売業者・外国製造業者届(医薬品医療機器総合機構)
    • 化粧品製造販売名届(輸入代行業者所轄:東京都庁)
  4. 4.輸入・通関
    4.輸入・通関輸入代行業者へ輸入通関時の必要書類を提出し、当社にて輸入通関手続きを行う
  5. 5.薬機法に基づく各種製造
    5.薬機法に基づく各種製造 検品、出荷判定、包装、法定表示ラベル貼付、GQP(品質管理)・GVP(安全管理)、広告表現チェック、入出庫記録、商品見本の保存管理等を行う
  6. 6.出荷・納品
    6.出荷・納品製造業務終了後、ご依頼主様の指定納品策へ発送

SGHグローバル・ジャパンの越境EC 物流支援